« 第五五節 「本来あるべき姿」 | トップページ | 第五七節 「答え」 »

2009年6月16日 (火)

第五六節 「我と他」

成長は一人で出来るものではない。
我だけで切磋琢磨しようとも、結果は井の中の蛙でしかない。
他というものさしで、我を測ることで我という存在を確認する。

我だけで我自身に向き合おうとしても、我によって霞がかる。
他という存在に映し出すことで、我自身に初めて向き合え、存在意義を確認する。

我だけで生きていくことは出来ない。
他に助けられ、他に触れることで孤独を知り、つながりを知る。

我だけで・・・

人は、「我欲」なるものを必ずしも持っている。
我欲を持つことが決して悪いことではない。
しかし、我欲のみでは何も生まれない。


我のみに目を向け続けることで、狭い世界を生み出してしまう。
他を直視し、他の意味を知り、他と触れることで我の世界は無限に広がる。
我の中にある無限の可能性に気づくだろう。


我を捨て、他を知る。
他を知り、我を得る。

我を本当に知った者は我を捨てる。
そして、他に目を向ける。
他を知り、存在を認めた先に我に戻る。
その時、我の存在は意味を持ち、かけがえのないものへと変わっているだろう。

我は他によって生み出され、他によって育てられる。
他によって創られた我は、他を生み出し、他を育てる。

我とはそういうものなのではないだろうか・・・

|

« 第五五節 「本来あるべき姿」 | トップページ | 第五七節 「答え」 »

コメント

最近、少し人間関係で悩んでいたんですけど、こちらを読ませていただいて、何となく気持ちがラクになったような気がします。

大切なことに気づかせてくれてありがとうございました。

投稿: 周 | 2009年6月26日 (金) 15時59分

せっかくのコメントに返信が遅くなりすみません。
お粗末な文章にコメントありがとうございます。
文章とは、読む方によって捉え方が幾通りにも変わるものだと私は思っています。
だから、今回この文章を読んでいただいて少しでもラクになって頂いたということは、周さんの悩みの答えはすでに周さん自身の中にあったのだと思います。
逆に、この文章を読んでこのように感じて下さる方がいるということを、私に教えて下さってありがとうございます。
また、今後もよろしければ貴重な意見をよろしくお願いしますhappy01

投稿: ryo | 2009年6月28日 (日) 21時25分

ありがとうございます。
力をたくさんもらいました☆
またこちらに来させてもらいますね。

投稿: 周 | 2009年6月30日 (火) 00時00分

楽しみにしちゅうき、バンバン更新してね。

投稿: 久しぶり | 2009年7月 1日 (水) 18時36分

周さん
どんどん来てくださいねヽ(´▽`)/
不定期ながら、今後も更新していきますので(汗)

久しぶりさん
ちょっと間があきすぎてしまいました。
頑張って更新していきます!!

投稿: ryo | 2009年7月 1日 (水) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/30142287

この記事へのトラックバック一覧です: 第五六節 「我と他」:

« 第五五節 「本来あるべき姿」 | トップページ | 第五七節 「答え」 »