« 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」 | トップページ | 第五四節 「見つけるべきは他人の非ではなく、内なる自分の非」 »

2008年10月 2日 (木)

第五三節 「納得」

納得させることは容易ではない。
言葉でいくら説明しても伝わらないからだ。

行動で表せ。
それが正しかったのだと。

納得させるために意味をもたせろ。
何らかの結果を出すことで。


中途半端な行動に納得しないだろう。
たとえ、自分自身に意味があってもそれが結果として現れなければ、誰も意味の無い行動だと感じる。
それは、もう自分勝手な行動でしかないのだ。

一度やると決めたならとことん全力でやり通せ。
何があっても曲がることのない信念を持ち、その先に向かって走り抜けろ。
人が、その行動は間違っていると言おうとその先で結果を出せば、その道もあるんだと納得する。
とことんやり抜くとは、そういうことだ。

中途半端に途中で逃げ出すな。
中途半端に途中で休むな。
中途半端な考えで手を出すな。

一度、歩み出したなら自分の求める結果が得られるまで歩を進めよう。
それが、納得するというものだ。


自分自身、最近考え込むことが増えてきた。
答えの見つからない問題に。
何が正しいかなんて、何に納得するなんて答えはないだろう。
今、頭で考えることが正しいのか?
はたまた、考えるより先に行動を起こしてみるのが正しいのか?
何が答えかなんてわからない。
そんな時に気付いた。


答えなんて今にはない。
答えは未来にあるものだ。
いくら考えても先の答えに行き着くことはないだろう。
行き着いたとしても、それが答えだなんて確認する手立てがないのだ。
そんな中、一つだけ確かなことがある。
どんな道に進もうと、どんな選択をしようと、歩んだ先の結果を掴むことが出来たら自分の歩んで来た道は、ひとまず正しかったということになる。
結果を掴んだ時、本当の答えではなかったと気付いたなら、またそこから歩き出せばいい。
道の途中で別の答えを探しに行けば、今までの道は意味をなくす。
これだけは、確かなのだ。


答えは今にはない。
先の答えを手に入れるために、一歩を踏み出そう。
初志貫徹という言葉を胸に抱き、止めることのない一歩を。
怖がることなく先を見よう。
失敗した自分なんてそこにはいない。
自らが全力で歩を進め続けるならば。
先の答えを掴みに行こう。
自らが納得する自分という存在を・・・。

|

« 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」 | トップページ | 第五四節 「見つけるべきは他人の非ではなく、内なる自分の非」 »

コメント

『何』について言っているのか?
あんたの文章くどくてわかりにくい。
うざい。
いつも。

投稿: | 2008年10月 3日 (金) 08時19分

毎度毎度同じ事を言っているのですが、このブログ事態皆さんに自分の心情を知って欲しいという意味で書いてないのです。
むしろ、分かりやすい内容はなるだけ省いています。
自分自身が読み返した時に、「こういう成長をしてきた」、「こういう考えがあった」と自分のことは自分にしか分からないようにしてます。(他人に自分の中身をさらけ出すことがあまり好きではないので・・・)
この文章は、皆さんなりの読み取り方をして頂ければ良いと考えています。
文章全てではなく、文章の中の一つの単語であっても何か残るモノになってくれればそれでいいんです。
何も残るものがないと言われればそれはそれで仕方がないとも思っています。

百通りの生き方があれば、百通りの考え方があります。
同じ文章を読んでも、人それぞれ照らし合わせるものが違うし、感じること、学んできたことも全く違います。
同じ人間であっても、読む時期が違えば全く別の読み取り方をします。
その都度、その都度成長出来るようなそんな文章にしたいと思いその時の状況が明確に分かる内容は極力書かないようなモノにしています。

ですから、「何」について書いている訳ではありませんし、この文章の先に明確な何かが見えている訳でもないです。
「何」かを求めて読んでも、この文章はただの文字でしかありません。
「何」かはあなた自身で見つけ出して下さい。
その時始めてこの文章に意味が付け足されます。
このブログは、自分の日常を書くような日記にはしたくないと考えていますので、そこのところ理解お願いします。

投稿: ryo | 2008年10月 3日 (金) 12時04分

 うざい?

ウザイならよむな。
このブログは友人、家族、チームメイト等、いろんなひとが読んでいます。
おまえのコメントで多くの人が気分が悪くなる。無記名で人には厳しく自分の行動は省みることもできない輩が、ブログ上で批判するな。
 
 

投稿: 横山 和志 | 2008年10月 4日 (土) 00時17分

うーん、じゃあ。。。仲間内や身内なら、わかるお話なのでしょうか?
サポーターも選手のブログは読んでいますよ。だってFCのHPにリンクされているんだから。。。

投稿: 土佐人 | 2008年10月 6日 (月) 09時17分

土佐人さん
こんなお粗末なブログを読んで頂き、ありがとうございます。
コメントについてなんですが、多分、仲間内や身内でも内容は分からないと思います。
文章を思いつくきっかけになったことに関しては、私をより近くで見てきた仲間内や身内の方が近いものをイメージ出来ると思いますが・・・。
このブログ自体、何か出来事を現している訳でもなく、自分の心境を表したい訳でもありません。
今までの経験を、今までに学んできた言葉を元に現在の自分に問いかけている文章でしかないのです。
ですから、「仲間内や身内だから」、「サポーターだから」、「初めて読んだから」分かる、分からないといったものでもないと思います。
先のコメントでも述べさせて頂いたように、答えは自分の中にしかありません。
このブログを読んで頂いて、何か感じるものがあったらそれが答えです。
何も感じるものがなければ、その方にとってその文章に答えはありません。
しかし、その方に答えはなくても、読んで頂いた何人かの方には答えがあるかもしれません。
少なくとも、私には全ての文章に答えがあります。
答えがないのであれば、それはそれで良い。
決して、自分の答えを押し売りしたくありません。(読んで頂いている方、また、読み返すであろう自分自身に対して)
もし、それをしてしまえば、まだ成長する余地がある自分自身を押さえつけてしまうような気がするからです。
このブログをHPに載せる時、正直迷いました。
日記でもなく、サッカーのことに関してもあまり書かないということを事務局の方にもお伝えしました。
それでもということで載せさせて頂いてます。
もし、そういった理由でこのブログに目を通し不快な思いをさせてしまったのならば、申し訳ありませんでした。

投稿: ryo | 2008年10月 6日 (月) 11時53分

なんか、うまく言えないんですけど…私には
『何か感じるもの』がありましたよ。

投稿: ヒト☆ | 2008年10月 7日 (火) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/24201858

この記事へのトラックバック一覧です: 第五三節 「納得」:

« 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」 | トップページ | 第五四節 「見つけるべきは他人の非ではなく、内なる自分の非」 »