« 第五一節 「永遠のループ」 | トップページ | 第五三節 「納得」 »

2008年9月25日 (木)

第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」

出会いがあれば、必ず別れは来る。
ずっと居ることなんてないのだから。
しかし、それは別れではないのだ。
それは、また次に出会うための準備なのである。


人にはそれぞれ考えがある。
何故、別れを選ぶのか?
時には理解し、時には賛同しかねる時もある。
何が理由かなんて、一緒にいればある程度分かる。
しかし、本当にそれだけなのか?
他に意思を固めるキッカケがあったのではないか?
それを知るのは本人だけなのだ。
周りは少しでも長く一緒に居ようとアプローチする。
しかし、最後に決めるのは本人なのだ。

全ての別れは、自身の満足を得ようとした結果だと私は思う。
現状に不満を抱えているからこそ、別れという選択肢が出たのだろう。
では、満足とはどこにあるのだろうか?
現状の先にあるのだろうか?
別れを選んだ先にあるのだろうか?
全く別の場所にあるのだろうか?
それは、誰も知らない。
人それぞれに満足するものがあり、満足を得る度合いも異なる。
誰もが同じもので満足し、満たされるということはないのだ。
だからこそ、苦しみ、考え、失敗しながらも右往左往すればいい。
人生とは満足を探す旅なのだから。


私は、本当に満足を得られる時は寿命を全うし、死を迎えた時なのではと考えている。
(実際に体験していないので賛否両論あるだろうが)
だから、皆どこに行っても満足を求め動き続けるだろう。
求めるものが同じ方向を向いていれば、道は違えどどこかで必ず出会う。
今の別れは、その時出会うための準備なのだ。
誰も正しいことなんて知らない。
誰も選んだ道をバカにすることは出来ない。
誰も他人の道を決め付けることなんて出来ない。
全て、自分自身が自分の為に出した答えなのだから。


自分もいつかは旅立つときが来るだろう。
別れを選んでも。
人生はいつも一緒のリズムでは進まない。
その都度、苦しみ、考え、結果を出せば良い。
何度後悔してもいいではないか。
最後に満足する瞬間が訪れるならば・・・。


だから、私の前から去っていく者よ。
「目標を捨てるんじゃない」
同じ目的地に辿り付くことが出来なくなるから。
「満足をすることを諦めるな」
諦めた時点で、人生という旅が終わりを迎える。
「別れを選んだことを、誰もバカにはしない」
いつかは自分自身がそちら側になるのだから。

だから、この言葉を送りたい。
今、別れ旅立って行く者に。
そして、これから別れ、旅立ちに対面していくであろう自分に・・・。

「GOOD BYE」 ではなく、 「SEE YOU AGAIN」 という言葉を。

|

« 第五一節 「永遠のループ」 | トップページ | 第五三節 「納得」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/24013062

この記事へのトラックバック一覧です: 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」:

« 第五一節 「永遠のループ」 | トップページ | 第五三節 「納得」 »