« 第五十節 「最高の先生は過去の自分」 | トップページ | 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」 »

2008年9月18日 (木)

第五一節 「永遠のループ」

何故合わないのか?
その答えは自分の中にある。
気付いてないフリをしているだけで知っているはずだ。
ただ、その答えから逃げているだけだろう・・・。


他人とは自分を映し出す鏡である。
怒りを持って接すれば、相手も怒りを覚える。
笑顔を持って接すれば、笑顔で返される。
苦手を持って接すれば、相手も苦手と感じる。

笑顔を持って接して、怒りで返されることは余程の状況でない限りあり得ない。

殻に閉じこもるから、周りから呼び掛けられなくなる。
自らの心情をさらけ出せば、周りも壁を取り払ってくれる。
和を持つことが出来れば、争うことはない。

自分の意見が素直に伝わらないのは、今までの自分の態度が示している。
他人が自分が嫌だと思う行動をとることも、今までの自分がカギを握っている。


他人は自分を映し出す鏡である。
与えることで見返りを求めるのではない。
与える、見返りといった感情を捨てるのだ。

相手に求めるのではない。
求める前に自分が行動してみるのだ。

他人に責任を擦り付けるのではない。
自らを見つめ直し、責任を受け止めるのだ。


自分は、相手に求め、責任を転嫁してきたのかもしれない。
自らが変わる事で、現状を打破出来ることは容易に想像できる。
しかし、変わった先は未知の世界。
180度変わった自分が、その世界に生きている。
今の自分が、その世界で生きるには、苦痛、苦悩、歯痒さ・・・、いろいろなものと闘っていかないといけないだろう。
それに耐えることが出来るのか?
本当に変わる事が正解なのか?
正解なんて無い事は知っている。
どう行動しなければいけないかの答えも自らが持っている。


180度変わった世界に恐れ、変わった自分に苦悩し、一歩を踏み出すことが出来ず、永遠のループへと嵌っていく。

|

« 第五十節 「最高の先生は過去の自分」 | トップページ | 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/23831771

この記事へのトラックバック一覧です: 第五一節 「永遠のループ」:

« 第五十節 「最高の先生は過去の自分」 | トップページ | 第五二節 「出会い、別れ、そしてまた出会う」 »