« 第三七節 「新たな第一歩」 | トップページ | 第三九節 「感謝の気持ち」 »

2008年7月22日 (火)

第三八節 「道を閉ざすものは自分」

人は誰も無限の可能性を秘めている。
全ての人間が、180度違った自分を手に入れることも可能なのだ。
しかし、それは思っている程簡単なものではない。

5度違った自分を手に入れることは容易だろう。
手に入れたい自分の角度が上がれば上がる程、時間も苦労も上乗せされてくる。

小さな目標を達成することは容易だろう。
手に入れたい目標が大きければ大きい程、困難さを増す。

それに耐え切れず、多くの人が挫折の道を選んでしまう。
「自分には才能がない」「努力しても変わらなかった」「自分には無理ということが分かる」という理由で・・・。
これらは全て言い訳でしかない。
「自分には才能がない」・・・才能があれば、その道を手に入れるのも極めるのも早いだろう。しかし、才能がなくても同じレベルに達することは必ず出来る。ただ、歩むスピードが違うだけであって・・・。
「努力しても変わらなかった」・・・本当に努力出来ていたのか?目的の途中で自らを評価しても途中なことには変わりはない。目的を達成した時に初めて、よく頑張った、よく努力したという評価を得るのではないだろうか?道の途中で挫折したならば、それまで本当に頑張っていたとしても無駄でしかなくなる。努力していなかったということと同じである。
「自分には無理ということが分かる」・・・これは、単なる言い訳でしかない。変われる可能性があるかもしれない。手に入れる可能性が極小だがあるかもしれない。その可能性を全て拒否してしまっている。

人は、諦めさえしなければ必ず変われる、手に入れられる。
全ての可能性を全ての人間が秘めているのだ。
他人より苦しい、努力しているのになかなか変われないと思うことは、それだけ自らの目標が高いのだ。
途中で投げ出してしまうことには何も意味はない。
なかなか結果が現れなくても、少なからず自分には変化として影響を与えている。
苦しくても、投げ出したくなっても続けてみよう。
諦めず歩き続けた道の先には、自らが求めるモノが必ず待っている。

人は皆変われるのだ。
必ず欲しいものは手に入れられるのだ。
時間と根気と自らの意思の強さが続く限り・・・。


~本日の練習~
★個人練習
プール 2時間程

★チーム練習
オフの為休み

|

« 第三七節 「新たな第一歩」 | トップページ | 第三九節 「感謝の気持ち」 »

コメント

頑張れ!南国高知の知り合いにあなたのことを聞いたらすごく頑張って努力してると言ってましたよ!やっぱり見てくれてる人はいるんですよ!これからも頑張れ!応援してるぞ!

投稿: 応援者 | 2008年7月22日 (火) 22時09分

ありがとうございます。
応援してくださる皆様と、自分自身の為、そしてチームの為にこれからも頑張って行きたいと思います。

投稿: ryo | 2008年7月23日 (水) 16時29分

僕もサッカーしてます。すきです。サッカー楽しいですか?

投稿: | 2008年7月23日 (水) 21時15分

正直、昔に比べて楽しいと思えることが少なくなってきました。
それは、プレッシャーであったり自分自身への不甲斐なさが大きくなってきたからだと思います。
しかし、やり続けている限り少なからず楽しいと感じる部分はあります。
それは、年代を超えた選手同士の会話であったり、そんな人たちとプレーすることであったり、自分達を見てくれるサポーターの方達と意見を交換したり身近に感じることであったりします。
それだけではないんですが、今まで続けてこられたのはそういった楽しさがあったからだと思います。
今、自分自身には波があり楽しくない感情が長く続く時があります。
しかし、これらのことがあるから「サッカーは楽しいです」と自信を持って言えます。

投稿: ryo | 2008年7月24日 (木) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/22471133

この記事へのトラックバック一覧です: 第三八節 「道を閉ざすものは自分」:

« 第三七節 「新たな第一歩」 | トップページ | 第三九節 「感謝の気持ち」 »