« 第三四節 「アスリート」 | トップページ | 第三六節 「成長の過程」 »

2008年7月10日 (木)

第三五節 「評価するのは・・・」

自分で自分を評価していないだろうか?
自分で評価した結果ほど、意味の無いものはない。

否、自分自身で評価してもいいのだ。
しかし、それで満足してはいけない。
自分での評価はあくまで自分での評価でしかないのだ。

人間とは自分に甘く、他人に厳しい生き物である。
自分に厳しい人は、他人にも易しく出来るがほとんどの人が自分には甘いだろう。
そんな生き物だから、自分自身を評価しても甘い結果しか出ないのだ。

ここまで言えば気付く方もいるだろう。
そう、自らの評価をしてくれるのは他人なのだ。
他人は厳しい目で自分を評価してくれる。
世間一般での自分の評価を確立してくれるのだ。


自分で今日は頑張ったと思っていても、他人がまだまだ甘い、もっと頑張らないとと言えば、自分は頑張ってなかったのだ。
自分が、良いことをしたと思っていても、他人が悪いことと思えば悪いことなのだ。
正しいと思うことでも間違いと言われれば間違いになってしまう。
世間とはそういったものになってしまっている。

だからといって、個性を捨て他人の思うがままの人間になれということではない。
個性を捨てる必要はない。
その個性を認められるまで努力し、個性を認められるように工夫をしていく必要があるだけなのだ。
他人に認められて、評価されて初めて自分の居場所が出来る。
時には辛く苦しい思いもするだろう。
しかし、折れずに努力し続けることで何らかの結果は現れる。
それが、他人からの評価であり、自分の居場所なのだ。

自分で頑張った、良くやったと思うようではまだまだ甘い。
もっと余力を残しているし、大きな力も秘めている。
他人に認められたいから頑張るのではない。
自分の居場所を作るために、自分をより良く成長させるために、自らを評価することを止めよう。
時には、自分を誉めることも、自分を評価する時も必要である。
それを、一時の休息にして・・・。

|

« 第三四節 「アスリート」 | トップページ | 第三六節 「成長の過程」 »

コメント

????????????????????????????結局何がいいたいのか全くわからない。評価するのは自分自身ではないのか。自分に負けずに自分に課した課題をこなすことができて初めて納得できるのでないのか。他人からの評価なんて後から自然と付いてくる。他人の評価を気にするのは他人に委ねて自分から逃げているからだ。それはプレイにも表れますよ。格言めいたことをくどくど書いているわりには成長していないな。

投稿: | 2008年7月11日 (金) 10時47分

私もそう思います。書いてることはカッコイイこと書いてるけど中身がともなってないですね!

投稿: | 2008年7月12日 (土) 00時16分

確かにそうですね!中身がないな!

投稿: 南国高知 | 2008年7月12日 (土) 00時19分

何が言いたいかわからないよね。いったい何がしたいのか?言葉で恰好いい事いってても周りの人間はわかるよ。選手ならプレイでみせないと!

投稿: | 2008年7月12日 (土) 03時55分

見ていて情けないな。もっと自分を変えないと。もう辞めた方が・・・

投稿: | 2008年7月12日 (土) 14時59分

こんなに波紋を呼ぶような物になるとは・・・。
確かに皆さんの言う通り自らの課した課題をこなすことで納得も得られるだろうし、言葉でいくら言っても意味のないことは分かっている。
選手ならプレーで魅せろというのもごもっともな意見です。
自分もこのブログで誰かに自分は頑張っているんだ、認めてくれといった気持ちは雀の涙程も持っていません。
そこは勘違いしないで下さい。

私の意見としましては、達成と結果は全くの別物だと思っています。
例え、自分で自分に課題を課し達成したとしても周りに受け入れられなければ、それは全くの無意味なものです。(自分の実力として蓄積されますが)
それは、他人と共生する上で決して目を背けることが出来ない現実だと思います。
サッカーだけでなく、仕事、普段の生活に対しても同じことが言えます。
自分が運営する立場ならこれは全くの別物ですが・・・。
しかし、私は一雇われの身、使われる身でしかありません。
例えば、仕事を例に挙げてみましょう。
裏方の仕事を一生懸命サボらずしていても、経営者はこいつは何をしているんだ!もっとしっかりと働け!と感じるでしょう。
逆にメインの仕事をこなす人は普段サボっていても経営者の目には頑張っていると映る。
自分はこの仕事をするという課題を課し、達成したとしてもこの結果で誰が納得出来るだろうか?
皆さんは、達成したからといって納得出来る結果が生まれましたか?
こういった状況が自分に訪れたとしたら納得して終われますか?
これを読んで仕事のことを言っているんじゃない!!と思われると思います。
サッカーでも同じなのです。
結果が出なければ、どれだけ努力し達成したとしても納得はいかない。
結果は他人の評価に左右される。
しかし、他人の評価を気にした行動をとろうとは思っていない。
上のコメントにもある通り、評価を気にしながらだとプレーにも現れるし、周りの人間からも分かるだろう。
媚を売ろうという訳ではないのだ。
そんなことをしなくても、自分で課した課題を、思うような結果が出なくてもやり続けることで必ず誰かが評価してくれる。
例えそれが運営者、経営者でなくても・・・。
そして、それが一番大切なのも知っている。
トップの人間に認められなくても、一番身近な人が自分を評価し、認めてくれることでそこにはチームワークが生まれる。
それが、小さな力を大きな力に変えてくれることも。
10年間弱、そういったポジションで生きてきた自分はそういう状況を何度も経験してきた。
「評価は後から付いてくるもの」まさにその通りです。
長くなりましたが、評価を気にして生きて行こうという訳ではないのです。
しかし、結果を求める上で必ず評価というものは絡んでくる。
自分一人では結果は出ないのだ。(自分自身で認める結果は自己満足でしかない)
今の自分は思うような評価を受けることなく、結果も出ていない。
ということは、今のままではダメなのだ。
自分自身で一日一日の目標、予定を立て達成したとしても思うような結果が出ない。
自分で良くやったと思ってもダメなのだ。
自分自身で評価をしてしまうと達成した時点で、歩みを止めてしまうだろう。
しかし、自分自身での評価を捨てることで他人に認められるまで歩み続けることが出来る。
そういった意味で、他人からの評価を気にし自らを評価することを止めようと書いたのだ。
皆さんは、他人の評価を得るために媚を売る的な意味で取られたのではないでしょうか?
一つ弁解の為に書かせて頂きますが、ブログ上では自分自身の日記ということで練習内容を書かせて頂いてますが、誰にも自分はこれだけやってる等と言ったことはありません。
媚を売ることが、どれだけ意味のないことか、どれだけ周りからの信頼をなくすことかよく分かっているつもりです。
だからこそ、「プレーで現す」 そこだけは外さないように心掛けているつもりです。
長くなってしまい、文章も下手で伝わりづらいところがあると思いますが、このブログの意味、自分自身の思いとして書かせて頂きました。

最後になりましたが、自分ではえらそうな事を言っているつもりはないんですが、その様に取られる内容があったことをお詫び申しあげます。

投稿: ryo | 2008年7月12日 (土) 16時46分

2008年7月12日(土)14:59にコメントを書かれた方へ。
私は人の意見には耳を傾けますが、流されたりハイそうですかと受け入れることはありません。
自分を信じ、自分で納得が行くところまで出来たなら辞めるという選択をすることもあるでしょう。
逆もしかり、自分自身にそういう信念があるので人に強制することもありません。
しかし、あなたはそれを促してきた。
さぞかし出来た生き方をして来られたのでしょうね。
一度あなたの生き方、信念を聞いてみたいものです。
しかし、名前も入れず、先のコメントの流れでしかそういったことが言えないようでしたらさぞかし寂しい方でしょう。
少なからず、現段階ではそういった印象を受けています。
本当に意見があるならそれ相応の態度ってものがあるでしょう。
あなたはそれすら出来ていない。
本当に話す価値があるかどうかすら分かりません。
まぁ、読まれることに関しては何も言いませんが、こそこそと批判しか出来ないのでしたら見て頂かなくても結構ですので。
人にはそれぞれの生き方、考え方というものがあります。
あなたにはあなたの生き方、私には私の生き方があるのは理解できるでしょう。
自分と一緒でなければ間違いということはないのです。
影でこそこそ批判する分には構いませんが、公の場で自分を隠したままこういった書き込みをすること自体間違ってないでしょうか?
あなたの考えも聞いてみないと真意が分かりません。
コメント上でも構いませんので名前を明かして一度考えを聞かせて下さい。

投稿: ryo | 2008年7月12日 (土) 18時34分

ryoさん
あなたのご意見は、やはり独りよがりに聞こえます。聞いているようで他人の意見を除外している。他人は他人自分は自分、という感覚は時に排他的に聞こえ結局はただの『我が強い人』になってしまいますよ。
サッカーにせよ仕事にせよ、裏方や誰かのサポートをすることでは認めてもらえないと思っているようですが、それは心の何処かに裏方の仕事を馬鹿にする気持ちがあるからではないですか?私は仕事上、部下を管理するという立場にいますがいやいややっていることは他人に見透かされます。そんな部下こそ自分は頑張っていると言う。あなたが何を表、何を裏の仕事と思っているかは存じませんが裏のあなたが努力しているのならば表の方もきっとたくさんの努力をしているでしょう。あなたが評価されないのは裏方をやっているからではなくもっと他に理由があるのではないですか?

投稿: | 2008年7月14日 (月) 19時42分

自分でも何度も何度も書いたことを読み返している内に何か違うという感情を持ちました。自分で考えていることも間違いではないと思うあまり、間違った方向に進んでいることに気が付きました。
指摘して頂いた通り、他人の意見を受け入れると言葉で言ってはいても、実際は除外して来たのかもしれません。
これが、多くの方が中身がないといった理由なのかもしれません。素直に受け止める必要があったように感じます。

今回のことで、自分に足りないもの、足りすぎていたもの、自分の考え、本当に必要なものを改めて見直し、気付くことが出来たと思います。

しかし、一つだけこれだけは信じて欲しい。
私は決して、裏方の仕事、裏での頑張りを馬鹿にしている訳ではありません。そんな裏方のことを嫌いな訳でもありません。裏方がなければメインを見ることが出来ないし、メインが輝いているのは裏方が頑張っているから。
それは、しっかりと心得ています。
しかし、評価されないことを他人のせいにしていたことは事実です。
サッカーでは、そういった感情を持ったことはありませんが、仕事に関してはまさに他人のせいにしていたところがあります。
そういった部分から目を背けず、見つめ直して行かなければいけない。
落ち着いて読んでみるとそういった部分を気付かせてくれるコメントばかりでした。
何が正しくて、何が間違っているのか?
考え方に対して、そういう概念はないだろうけど、自分の考えには間違っている部分もある。
そういった部分をもう一度見つめ直し、修正して行きたいと思います。

投稿: ryo | 2008年7月15日 (火) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/22194755

この記事へのトラックバック一覧です: 第三五節 「評価するのは・・・」:

« 第三四節 「アスリート」 | トップページ | 第三六節 「成長の過程」 »