« 第二八節 「競争と比較」 | トップページ | 第三十節 「怪物の手引き」 »

2008年7月 2日 (水)

第二九節 「出会い」

人と知り合うということは、自分が歩んできた道と違う道の歩み方を学ばせてくれるということである。
また、今まで自分が歩んできた道の間違いを気付かせてくれたり、これから歩むであろう道の注意点を学ばせてくれたりもする。
時には助けになってくれたりもする。
人と出会うということは、自分にとってマイナスに作用することは少ないのである。
高知に来て、今年で7年目。
多くの方と出会い、知り合ってきた。
年代に決まり無く、幅広く知り合うことが出来た。

出会いは、待っているだけでは訪れない。
周りがチャンスを与えてくれることもあるが、基本は自分から積極的に求めていかないと得ることは出来ない。
特に自分は県外人。
今までの出会い、これからの出会いを大切にして行こうと思う。

こうやってつくづく思えたのも、最近ある人と出会ったことがきっかけだった。
相手が自分のことをどう思っているか分からないが、この出会いを大切にしようと思う。

「求めるものがあるならば、積極的に行こう。 待っていても誰も与えてはくれないのだから・・・」


~本日の練習~
<日曜日>
四国リーグ 第10節
 南国高知FC vs 昭和クラブ
  前半  1 - 0
  後半  2 - 0
  合計  3 - 0   (先発フル出場)

U-15 GK講習会
 中学生1~3年生 約30名に指導

<月曜日>
オフの為休み

<火曜日>
仕事の為休み

|

« 第二八節 「競争と比較」 | トップページ | 第三十節 「怪物の手引き」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/22024417

この記事へのトラックバック一覧です: 第二九節 「出会い」:

« 第二八節 「競争と比較」 | トップページ | 第三十節 「怪物の手引き」 »