« 第三九節 「感謝の気持ち」 | トップページ | 第四一節 「線が細い」 »

2008年7月28日 (月)

第四十節 「転機」

今、大きな転機を迎えている。
自分だけでなく周りの全てが。
それに気付けている人がどれだけ居るだろうか?
気付けなければ今のまま何も変わらない。
それがたった一人でも・・・。
全ての人が転機を迎えている。
今のままで良いことなんて一つとしてない。
がむしゃらにもがき、苦しんだ先に大きな結果が待っているだろう。
全ての人が転機だと自覚し、この機会を無駄にしてはいけない。


試合を通して何を感じることが出来ただろう。
自分のミスを責めることか?
自分はよく頑張った、しかし周りがと責めることか?
そんなことは何も意味を持たない。
一度試合が始まれば、誰もが全力で勝つために貢献しようとする。
上手く作用するかしないかは別として。
試合でのミスはその試合中でしか挽回出来ない。
終わってから後悔していたら次の試合なんてないのだ。

大切なことはそんなことではないのだ。
もっと感じなければいけなかったことは、一人で闘っているのではなく、皆で闘っているということなのだ。

スタートに選ばれる選手がいれば、サブの選手がいる。
サブの選手がいれば、メンバー外の選手がいる。
メンバー外の選手がいれば、サテライトなどサポートしてくれる選手がいる。
サッカーをする選手がいれば、それを応援してくれるサポーターがいる。

試合に出る選手は、それら全ての気持ちを背負いプレーしなければいけない。
本当に出来ていただろうか?

否、出来ていなかった。
あるプレーを境に、一番に希望を失いかけていたのは選手達ではなかったか。
色んな方の気持ちを代弁してプレーし続けなければいけないのに・・・。

今回は交代で入った選手の気持ちとサブの選手の気持ちのおかげで救われた。
今一度、大切なことに気付けただけでなく、次に繋がったのだ。

大切なことがなんなのか?
今一度一人一人見つめ直さないといけないだろう。

観ているものが感動する試合。
これこそが、一人ではなく皆で闘えた時に出てくる一つの答えだろう。

今こそ転機なのだ。
今を逃せばいつまでたっても変わらない。
多くの方が我慢し、与えてくれたチャンスを無駄にしない為に・・・。


~本日の練習~
★天皇杯高知県予選準決勝
  南国高知FC vs 高知中央高校
   前半  0 - 2
   後半  4 - 1
   合計  4 - 3        (先発フル出場)

|

« 第三九節 「感謝の気持ち」 | トップページ | 第四一節 「線が細い」 »

コメント

かっこいいですね。

投稿: | 2008年7月29日 (火) 20時05分

格好良いことなんてないです。
むしろ、格好悪いです。
今までも多くの転機が転がっていました。
しかし、それを手にすることが出来なかったから今の結果が並んでいます。
今の結果に満足していれば別ですが、満足出来るような結果ではありません。
だから、格好良いことなんてないんです。
それに、私達は格好良さを求めている訳でもありません。
「あの時の思いは、今の成功の為の良い過程だったなぁ」と思えることが一番です。
そうなれるように頑張って行きたいと思います。

投稿: ryo | 2008年7月30日 (水) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/22606565

この記事へのトラックバック一覧です: 第四十節 「転機」:

« 第三九節 「感謝の気持ち」 | トップページ | 第四一節 「線が細い」 »