« 第十一節 「不甲斐なさが悔しくて・・・」 | トップページ | 第十三節 「矛盾の苦しみ」 »

2008年6月 3日 (火)

第十二節 「失うは易、得るは難」

そのままの意味である。

何事も失うのは容易に、しかも今すぐにでも可能である。

しかし、逆に得ることは困難ですぐに結果の出るものはない。

ここ数年、自分自身失うものが多すぎた・・・。
得るものはあまりにも少なすぎた・・・。
今になってはもう遅いのだが、今にならなければ気付かなかった。
では、今の自分には何が出来るのか?

あきらめることか?
頑張り続けることか?
何も考えず現状のままいることか?

失ってきたものは大きすぎた。
しかし、今全てを失ってしまったわけではない。
微かに残る希望だけは残されている。
それがあるだけでもまだ自分は救われているではないか。

本当に今の自分には何が出来、何が出来ないのか。
何を失い、何を得てきたのか。

今こそ自分を見つめなおす良い機会な気がする・・・。

~本日の練習~
☆個人練習
1.ランニング 40分
2.リフティング 500回
3.プッシュアップ 20回 × 10セット
4.シットアップ 100回 × 5セット
5.背筋 100回 × 5セット
6.リストカール 1000回程 (数えてないので大体で・・・)

☆チーム練習
 オフのため休み
           合計 2時間程度

|

« 第十一節 「不甲斐なさが悔しくて・・・」 | トップページ | 第十三節 「矛盾の苦しみ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/21385764

この記事へのトラックバック一覧です: 第十二節 「失うは易、得るは難」:

« 第十一節 「不甲斐なさが悔しくて・・・」 | トップページ | 第十三節 「矛盾の苦しみ」 »