« 第十節 「力みが生むものは・・・」 | トップページ | 第十二節 「失うは易、得るは難」 »

2008年6月 2日 (月)

第十一節 「不甲斐なさが悔しくて・・・」

「不甲斐ない」

今の自分を現す一言だ。

精神と体力の調和が上手くとれず、調子が悪いと思っていた一週間の最終結果がこれである。
心底不甲斐ない。
25年かけて学び、10年近く苦しみ乗り越えて来た場所へ今また逆戻りしようとしてしまっている。

あの苦しみ、悔しさはもう二度と味わいたくない。

原因は分からないが多分分かっている。
今はそこを改善していくしか解決策が見当たらない。

一度失ってしまった信用を取り戻すことは至難の業である。
しかし、次の結果を求められる日まで1週間しかない。
結果を自分で決めることは出来ない。
他人に自分を判断され、結果を出されるのである。
だからいくら頑張ろうと思いの結果は出ないかもしれない。
しかし、何もやらずにあきらめるより全力の行動を起こし、結果を待ってみようと思う。

  「1週間後の自分が、この1週間を振り返り、ありがとうと心から言えるように・・・」

~今日の練習~
★公式戦
 四国リーグ 第6節
 南国高知FC vs 三洋電機徳島
      6  -  1
              (ベンチスタート/出場時間 30分程)

|

« 第十節 「力みが生むものは・・・」 | トップページ | 第十二節 「失うは易、得るは難」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/21363176

この記事へのトラックバック一覧です: 第十一節 「不甲斐なさが悔しくて・・・」:

« 第十節 「力みが生むものは・・・」 | トップページ | 第十二節 「失うは易、得るは難」 »