« 第十九節 「目標のベクトル」 | トップページ | 第二一節 「ピリオド」 »

2008年6月13日 (金)

第二十節 「お詫び」

誠に申し訳ありません。

先日、「ブログみゆーよ」という一言を頂きました。
日記として、自分の今の気持ちを書き留めるメモ帳として、未来への自分への言葉として、ただ書き始めたブログを見てくれる人がいるということはとても喜ばしいことです。
あまり、自分の中身を知られることが嫌で、オブラートに包み自分にしか分からないような内容、出来事を書いているだけなので相当読みづらいと思います。
しかし、そんなブログを見てくれていたのだ。


とても嬉しかった。


しかし、実際の自分の態度は・・・。
声を掛けられる前まで行われていた試合で、自分のミスで2失点し、試合にも負けてしまった。
その後に掛けられた声・・・

「落ち込んでいた」は、言い訳にしかならない。
かろうじて「ありがとうございます」という言葉が、喉から出てきたが、声のトーン、表情、態度、どれも最悪だった。
人間として最悪だった。

「後から悔やんでます」といっても、もう取り返しはつかない。

試合に負けて落ち込んでいたからそういう態度になった・・・ のではなく、そういう場面で、メンタルが弱く、そういう態度しか取れない人間だから、試合もそういう結果に繋がったのだろう。

あの時の自分の行動は取り返しが付かない。
しかし、せっかく声を掛けてくれたのに失望させてしまったことをあやまりたい。
実際に面と向かってあやまりたいが、すぐにそういう機会を持つことが出来ない。

こういった場でのお詫びは失礼だとは思いましたが、一番早く伝えられる方法ではないかということで選ばせて頂きました。


先日の自分の態度、選手らしからぬ、人間らしからぬ態度で申し訳ありませんでした。
未熟過ぎる部分が多く、不快な思いをさせてしまったことだと思います。
行動を起こしてしまった後では、もう遅いとは思いますが、本当に申し訳ありませんでした。

~本日の練習~
★トレーニングマッチ
 南国高知FC vs FC柳町
  前半   0 - 0
  後半   1 - 2      (後半出場)
  合計   1 - 2      (35分ハーフ)

|

« 第十九節 「目標のベクトル」 | トップページ | 第二一節 「ピリオド」 »

コメント

全然そんなことないのに!

選手はプレーで表現するのが大前提だけど、その前に一人の人間だよ。だから、いろんな時がある。昨日のこと最悪なんて思わなかったし、一生懸命突破口を見出だそうとしてるところわかってるのにそんなこと思うわけないじゃない!
だってこういう自分だって、自分のことになると情けないくらいにダメダメだよ、毎日頭抱えて迷いながら人にごめんって思いながら過ごしてる。で、選手見て『あー、負けてられないなあ!』って自分を鼓舞してる部分はすごく大きい。

がんばる様子を知ってて、だから励ましたいこと。それだけ伝われば十分だから大丈夫!
このblog知ることができてよかったと思ってますよ。

投稿: No.12 | 2008年6月13日 (金) 12時58分

ありがとうございます。
自分の悔いを改められればと思い、書いた文章にコメントまで頂き、少し救われました。
まだまだ未熟者。
いろんな方に支えられ、成長していくんだなということをつくづく思い、感じました。
今後、二度とこの悔いを繰り返さないように、そして、今まで皆さんが与えて来てくれたことのお返しとして少しでも皆さんの助けが出来るように成長して行きたいと思います。
No.12さんの姿はいつも力を与えてくれます。
自分もそんな存在になれるように。

投稿: ryo | 2008年6月13日 (金) 14時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/21599170

この記事へのトラックバック一覧です: 第二十節 「お詫び」:

« 第十九節 「目標のベクトル」 | トップページ | 第二一節 「ピリオド」 »