« サッカーノート ~10年後の君へ~ | トップページ | 第二節 「朝食は一日の始まり」 »

2008年5月 2日 (金)

第一節 「さぼり癖」

学生の頃までは、毎日練習があり、ない日でもボールを蹴ることは欠かさなかった。
しかし、社会人になり2年、ボールに触れない日も日に日に増えてきた。
それに伴い、サッカーの実力も下降線を辿る一方である。
分かりきったことだ。
練習をしないと感覚も衰え、ミスが増える。
そんな選手がいるチームが毎日練習しているチームに勝つことは難しい。
勝てる確立があるとしても万分の一ぐらいだろう。
難しいことが出来なくてもいい。
簡単な事が当たり前にミスなく出来ること。
そして、それの積み重ねることで難しいことをしなくても試合に勝てるのだ。
簡単なことをミスなくするためには、日頃の努力、練習の継続が差になってくる。
まずは、昔のように一日一回ボールに触れるように心掛けよう!!

~本日の練習メニュー~

☆ポジション別練習
1.キャッチボール
2.サイドステップ
3.トラップ&パス(足技)
4.ハイボール
5.シュートストップ(脚のみ)
6.アーリークロスの対応

☆全体練習
7.5対6
8.3対3
                  合計 2時間程度

|

« サッカーノート ~10年後の君へ~ | トップページ | 第二節 「朝食は一日の始まり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/20710659

この記事へのトラックバック一覧です: 第一節 「さぼり癖」:

« サッカーノート ~10年後の君へ~ | トップページ | 第二節 「朝食は一日の始まり」 »