« 第五節 「1mm、1秒の世界」 | トップページ | 第七節 「外観が崩れ柱の意味を知る」 »

2008年5月20日 (火)

第六節 「後悔から学び希望へと」

最近少し考えるようになってきた。
一度は「今までやってきたことは無駄だった」や「あの時期がなければ自分は成功していた」ということを考えたことはないだろうか?

自分はある。

あの時こういう行動をとっていれば今の自分の人生は違ったものになっていただろう。
本当にそうかもしれない。
しかし、これは現実から目を逸らし、逃げているだけである。

失敗したことがあっても、その時の自分がいたから今の自分がいる。
その時の自分がいなければ今、ここに存在している自分はいない。
あの時違う選択をしていれば今自分は違う場所に立っているだろう。
しかし、そこで本当に満足出来ているのだろうか?
否、100%満足など出来ていないだろう。
別の場所に立って、今と同じようにあの時こうしていればと嘆いているだろう。

どこにいっても、どの選択をしても結局は一緒なのである。
じゃあ何故人は満足出来ないのか?
それは、自分が100%自信を持ってその時間を生きていないからである。
遣り残したことが多ければ多いほど、人は選択の失敗という認識を持ち後悔するのだ。

皆さんも一度は経験がないだろうか?
自分の実力を120%出して頑張ったけど良い結果が出なかった。
しかし、不思議と後悔はなく今の自分にはこれ以上のことは出来なかったのだからしょうがないという気持ちになったことは・・・。
そして、今の自分には無理だけど今からの自分は絶対にこれを乗り切ることが出来る。
その為に努力し来たる日の為に力を蓄えておこうと・・・・。

このように過去にすがりつくのではなく、未来に希望を持ち歩を進める。
これこそが、本当の意味での  「現在(いま)を生きる」  ということなのだろう。


今の自分や周りには思うような結果が現れていない。
あの時こうしていれば、こういう選択をとっていればと後悔することも多い。
しかし、どれだけ嘆こうが時間が戻ることはない。

もう戻らないのであれば、前を向き未来の自分が後悔しないように今を全力で生き抜いていってあげよう。
それが、未来の自分の為でもあり今の自分の為でもある。

 「過去は現在(いま)を創る、現在(いま)からは未来を創る」

~本日の練習~

1.ランニング 10分
2.チェストプレス 50kg×2セット 6kg×1セット
3.腹筋 300回
4.ランニング 10分

☆チーム練習
仕事の為休み
                合計 1時間

|

« 第五節 「1mm、1秒の世界」 | トップページ | 第七節 「外観が崩れ柱の意味を知る」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1034373/21056418

この記事へのトラックバック一覧です: 第六節 「後悔から学び希望へと」:

« 第五節 「1mm、1秒の世界」 | トップページ | 第七節 「外観が崩れ柱の意味を知る」 »